50歳からはじめよう

メタボになったら自主退職!50代主婦の日常と筋トレ記録。

上と下を繋げましょう【ジムトレ主に有酸素】

f:id:kanno05:20191210191828j:plain:w600

約30年前、医療系の資格を取るために、筋肉の名称やら動きやらを勉強したのですが、使わないと、どんどん忘れてしまうものですね(汗)

パーソナルでは「背中」とか「腕」といった漠然とした部位ではなく「僧帽筋が筋肉痛」とか「三頭が張っている」とか、できるだけ筋肉の名称を使うようにしているのですが、記憶から完全に無くなっているものの方が多く、改めて勉強しているところです。

そんな私のお役立ち本。

プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典

プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典

  • 作者:荒川 裕志
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2012/10/19
  • メディア: 単行本


以前、テニスのストロークで、力が逃げてしまうのでどこを鍛えたらよいか…という質問をトレーナーさんにしたことがあります。

イメージとしては「体幹を鍛えて上半身をブレないようにする」と、思ったのですが、返ってきたのは意外にも、内転筋(太もも内側)強化。

もちろん体幹も大切ですが、下半身で上半身を安定させるために、内転筋の強さが必要というお話でした。

なるほどー

ちなみに、上の「パーフェクト辞典」によれば、スクワットやデッドリフトにも重要な筋肉ですし、内転筋全般でみれば、ランで足を振りだす動きにも影響する。

パーソナルではトレーニングそのものも大切ですが、こういったお話も聞き逃せないのでメモや写真は欠かせないし、さらに自宅で掘り下げたりします。

そんな経緯だったり、同僚のすすめだったりで、上半身と下半身の連動性を高めるトレーニング(←よく分かっていない^^;)を受けることになりました。

何かと支出の多い年末ではありますが、知り合いからの紹介については、今のところハズレがないし、そうやって頂いたご縁は大切にしていきたいので、ここは流れに身を任せてみます☆



【今日のトレーニング】
◆太ももの内側と外側を鍛えるマシンを3セットずつ。
◆腹筋(ノーマル)と背筋(短いフラットバーで加重)を1セットずつ。
◆トレッドミルでyoutubeを見ながら歩いたり走ったりを25分。
◆バランスボールとフォームローラーでじっくり整体。以上。

昨日は完全休養日だったので、少し体を動かしたくなってジムへ。

サラッと流した感じです。



f:id:kanno05:20191210191224j:plain:w300
靴屋さんで。
「EJECT」(ポルトガル)のブーツは、個性的でカッコいい♡

履きこなせる自信はないけれど^^;